フレームを手描きで!快適操作のコラージュアプリ「DrawFrame」

公開日: : 最終更新日:2014/07/26 iPhone

フレームを手描きで!快適操作のコラージュアプリ「DrawFrame」

コラージュ写真、たくさんの写真をあつめて1枚の写真を作るあれですね。
旅行やイベントの思い出をオシャレにかっこよく残せます。

コラージュを作れるiPhoneアプリはたくさんリリースされていますが、今回はその中から「DrawFrame」をご紹介します。
他のアプリとの大きな違いはコマ割り・フレーム割りが直感的にできることです。

DrawFrame – 自由に枠を追加できるフォトエディタ
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

フレームを自分でつくれるコラージュアプリ

このアプリ最大の特徴はDrawFrameという名前の通りフレームを自分で描けること。

たいていのコラージュアプリは決められたフレームから好きなモノを選んで使う方式です。起動するとまずはじめにフレームを選んでそれからコラージュを作ります。

▼MacのDiptic(これはこれで神アプリ)の起動画面
Dipticの起動画面

それに対してDrawFrameは、はじめひとつのフレームしか用意されていません。

ひとつのフレームのみ

ここに手書きで枠線を足していきます。たとえば真ん中に線が欲しいなーと思ったら下の画像のようにスワイプ。すると枠が追加されます。

スワイプで線追加

これを繰り返していくとこんな感じにフレームが出来上がります。

繰り返すとフレームが出来ます

自分好みの位置に自由にフレームを追加できるアプリはいままでなかったですね。アイディア次第ですごくおしゃれなコラージュが作れそうです。

こんなイイところがあるよ

その1 写真の枚数を途中で変えれる

今までのコラージュアプリだと最初に配置を決めてしまうので、あとから写真の枚数を足したり減らしたりすることはできませんでした。
一方DrawFrameの場合には作業の途中でフレームを増やすこともカンタンです。

たとえば下のようにほぼ完成してから「やっぱりもう1枚増やしたいな」と思ったとき。

完成してからフレームを追加

はじめと同様にスワイプすれば枠を追加できます。

スワイプで追加

できあがった感じを確認しながらレイアウトを決めれるのは大きいですね。

その2 枠のサイズが自由自在

コラージュを作っていると「ここもうちょっとだけ大きくしたいんだよなー」という場面に出くわすことも多いと思います。
DrawFrameはそんな場面にもバッチリ対応。作業中に線をドラッグして枠のサイズを変更することが可能です。

線の移動もできます

使い分けでもっと便利に

DrawFrameは手書きで線を描く、という特性上まったく同じ大きさの枠をたくさん作るのは苦手です。

自由な枠のコラージュが作りたいときはDrawFrame、きっちり同じ大きさの枠に分けたいときはDipticなどの他のアプリ、というように用途によってアプリを使い分けるともっと便利になると思います。

あとがき

実際使ってみるとすいすい割付けができてとっても気持ちいいです。

フレームごとのフィルタ機能やSNSへのシェアもついていて、なにより無料。ぜひぜひダウンロードしてみてください。

DrawFrame – 自由に枠を追加できるフォトエディタ
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Jimon(@jimon_s)でした。

jimon


 これは!と思ったらシェアして頂けると嬉しいです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 111 follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PROFILE

Jimon Profile
Jimon
東海地方の大学院生。おしゃれなグッズやiPhone,Macの情報など、人に教えたくなる「これは!」というモノを発信していきます。
お問い合わせ

About


おしゃれな小物とiPhone,Macの情報発信ブログ。
管理人『Jimon』(@jimon_s)がこれは!と思ったアイディア、ニュース、活用術を発信していきます

PAGE TOP ↑