iMessageにも「既読」があるの!?iPhoneの開封証明をオフにする方法

公開日: : 最終更新日:2014/10/06 iPhone

iMessageにも「既読」があるの!?iPhoneの開封証明をオフにする方法

iPhoneに標準で付いているメッセージ機能「iMessage」。
iPhone同士ならタダ、iPadでもMacでも同じモノが見れる、とAppleユーザーには嬉しい機能ですね。

ただ「既読が付くのが嫌だから、LINEじゃなくてメッセージ使ってるよ」という方は要注意!
実はiPhoneのメッセージにも既読機能はあるんです。

しかも場合によっては相手が読んだかどうかははわからないのに自分が読んだかどうかは相手に筒抜けなんてことになっているかもしれません。

今回はiMessageの既読を付けないようにする設定と方法をご紹介します。

Sponsored Link

既読の正体は開封証明!

こちらはiMessageに既読が付いた様子。

既読が付く様子

相手がメッセージを読むと右下が「開封済み」になるんですね。
何時に読んだ、ということまで表示されています。
これは開封証明という機能の仕業です。

開封証明って?

自分がメッセージを読んだら相手に通知する機能のこと。
LINEでいう「既読」と全く同じです。

場合によっては自分のみが筒抜けになっている

「僕のiPhoneにはこんなの表示されてないよ!」という方もいるかもしれません。
それもそのはず、開封証明は自分の既読を相手に伝える機能なので相手が開封証明をオフにしていた場合は表示されないんです。

なので例えば「自分は開封証明オン、相手は開封証明オフ」という場合には相手だけが一方的に自分の既読を知ることができるようになります。

設定の変更方法

開封証明の設定は「設定アプリ」からできます。
「設定」→「メッセージ」と進むとスイッチがあるので、変更してください。

設定→メッセージ→開封証明を送信で変更可能

なおこの設定は「iMessage」のみで有効。
ふつうのメールには適用されません。

iMessageかどうかは吹き出しが何色かで見分けられます。
青い吹き出しはiMessageと覚えてくださいね。

あとがき

既読を付ける付けないよりも、「こういう設定がある」と知っておくことはとても大切。
状況に合わせて自分にあった設定をしておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Jimon(@jimon_s)でした。

jimon


 これは!と思ったらシェアして頂けると嬉しいです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 111 follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PROFILE

Jimon Profile
Jimon
東海地方の大学院生。おしゃれなグッズやiPhone,Macの情報など、人に教えたくなる「これは!」というモノを発信していきます。
お問い合わせ

About


おしゃれな小物とiPhone,Macの情報発信ブログ。
管理人『Jimon』(@jimon_s)がこれは!と思ったアイディア、ニュース、活用術を発信していきます

PAGE TOP ↑