お金の在り処がすぐわかる!iPhoneの家計簿は「iMoneyFlow」がおすすめ!

公開日: : 最終更新日:2014/06/20 iPhone

お金の在り処がすぐわかる!iPhoneの家計簿は「iMoneyFlow」がおすすめ!

スマホで家計簿やお小遣い帳をつけている方、最近増えてきてますね。
僕もその中のひとりです。
家計簿アプリはたくさんリリースされていますが、その中でも僕は「iMoneyFlow」を愛用しています。

このiMoneyFlow、他の家計簿アプリとはちょっと違う一風変わった家計簿アプリなんです。

どんなアプリなの?

iMoneyFlowのトップ画面がこちら。

トップ画面

他の家計簿アプリとはちょっと違いますよね。
このアプリ、お金の流れを直感的に登録できちゃうんです。

使ってみるとこんな感じ

まずは画面の見方から。
画面の一番上が「収入」、真ん中が「資産」、一番下が「支出」を表しています。

画面の見方

では実際に家計簿をつけてみましょう。

お金が入ったとき

はじめはお金が入ったとき。
「給与」が「銀行A」に入ったとして登録してみましょう。

まず収入源をタップします。

収入源をタップ

つづいてどの資産にお金が入ったのかをタップ。
今回は「銀行A」です。

資産をタップ

あとは金額と詳細を入力し登録すればOKです。

金額を入力

これで「給与」→「銀行A」というお金の流れが登録出来ました。
収入源や資産は複数登録できるので、いまどこにお金があるのかひと目でわかりますね。

お金をおろしたとき

お金をおろしたときも流れを記録しておきましょう。
まずは「銀行」をタップ。

銀行をタップ

つづいて「財布」をタップします。

財布をタップ

おろした額を入力して登録しましょう。

金額を入力

これで「銀行」→「財布」の流れが登録出来ました。

同じ要領で「銀行」から「銀行」への流れも記録しておけば、どの口座にいくらくらいお金が入っているのかひと目で確認できます。
引き落とし用口座の残高がすぐ確認できたりして便利ですね。

こんなものも登録しておこう

登録しておけるのは財布と銀行だけではありません。
suicaやwaonなどの電子マネーも登録しておくと便利です。

電子マネーも登録

suicaのチャージ額って忘れがちですもんね。
使ったらその都度登録しておきましょう。

あとがき

直感的なUIでとても使いやすいアプリです。
アイコンも初期設定のほのぼのしたものから自分で追加したものまで幅広く使えます。

財布や口座がたくさんあって管理に困っている方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Jimon(@jimon_s)でした。

jimon


 これは!と思ったらシェアして頂けると嬉しいです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 111 follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PROFILE

Jimon Profile
Jimon
東海地方の大学院生。おしゃれなグッズやiPhone,Macの情報など、人に教えたくなる「これは!」というモノを発信していきます。
お問い合わせ

About


おしゃれな小物とiPhone,Macの情報発信ブログ。
管理人『Jimon』(@jimon_s)がこれは!と思ったアイディア、ニュース、活用術を発信していきます

PAGE TOP ↑