iPhoneのSiriや音声コントロールが勝手に電話するのを止める方法。信用を失う前に設定を!

公開日: : 最終更新日:2016/07/13 iPhone

iPhoneのSiriや音声コントロールが勝手に電話するのを止める方法。信用を失う前に設定を!

「ポケットのiPhoneが勝手に電話をかけていた」
こんな経験ありませんか?

これ、本当に焦りますよね。ましてかかっていた相手がお偉い様ならさあ大変。
自分の故意ではなかったとしても、十中八九いい印象は与えません。そんなつまらないところで評価を下げたくはありませんね。

そこで今回は、iPhoneが勝手に電話するのを止めさせる、簡単な設定をご紹介します。

なにかある前にささっと設定しておきましょう。

Sponsored Link

勝手にかかる原因は音声操作

まず、電話が勝手にかかっていた場合、原因はほぼ

  • 「Siri」「音声コントロール」の誤作動
  • ポケットの中での画面誤タップ
  • のいずれかです。

    このうち、画面誤タップの方についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

    今回はSiri、音声コントロールの方の対策です。

    Siriや音声コントロールは、ホームボタンを長押しすると発動します。
    なので、ポケットの中やカバンの中でたまたまボタンが押されると勝手に起動してしまうんです。
    そして周りの音を誤認識して、電話を掛けてしまった。というのがだいたいのパターン。

    なので、今回は音声コントロールやSiriが電話をかけられないように設定を変更します。

    注意:音声コントロールそのものは消せない

    原因が音声操作なら、そもそもSiriも音声コントロールもOFFにしちゃえばいいじゃない!
    そう思われた鋭い方もいるでしょう。
    ですが実はこの2つ、同時にOFFにはできなくなっています。

    正確にはSiriはOFFにできるんですが、音声コントロールが切れません。
    つまり、どうがんばっても音声コントロールが邪魔をしてくるんですね。

    なので、音声操作そのものを使えなくするのではなく、音声操作から電話はできないようにしていきます。

    通話の音声操作を禁止する

    まず、「設定」から「TouchIDとパスコード」を選びます。

    TouchIDとパスワードを選択

    するとパスコードを求められるので、入力後「音声ダイヤル」を切ってください。

    音声ダイヤルをオフにする

    これで設定完了。もう電話はかかりません。

    Siriの場合は別の方法もあり

    「Siri」がONになっている場合には、もう一つ別の方法もあります。
    さきほどと同じ手順で「TouchIDとパスコード」に進むと、「Siri」という項目があるはずです。

    ロック画面のSiriをオフに

    つづいてこれをOFFにします。
    すると、ロック画面でSiriが起動しなくなります。ただしこの場合は、ロック画面以外では勝手に電話がかかることもあるので、気をつけてください。

    あとがき

    見に覚えのない通話履歴ってほんと焦りますよね。
    万が一に備えて早めに設定しておきましょう。

    誤タップの方の対策がお済みでない場合は、こちらも合わせてご覧ください。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。
    Jimon(@jimon_s)でした。

    パレット -自分色に染めるRSSリーダー
    カテゴリ: ニュース
    現在の価格: ¥480

    jimon


     これは!と思ったらシェアして頂けると嬉しいです
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 111 follow us in feedly
    Loading Facebook Comments ...

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PROFILE

    Jimon Profile
    Jimon
    東海地方の大学院生。おしゃれなグッズやiPhone,Macの情報など、人に教えたくなる「これは!」というモノを発信していきます。
    お問い合わせ

    About


    おしゃれな小物とiPhone,Macの情報発信ブログ。
    管理人『Jimon』(@jimon_s)がこれは!と思ったアイディア、ニュース、活用術を発信していきます

    PAGE TOP ↑